要綱と対象

補助事業の概要

子育て世帯・移住世帯を対象として、 国が実施する『こどもエコすまい支援事業』(国交省)等を活用して 住宅の省エネ改修を行った場合に、費用の一部を埼玉県が補助します。

  • 省エネ改修とは、窓やドアなどの開口部や壁・天井・床などの断熱改修をいいます。
  • 『こどもエコすまい支援事業』のほか、『先進的窓リノベ事業』を活用した場合も、埼玉県の補助対象となります。
補助事業の概要

補助金額等

(1)予算額

100,000千円

注意:予算額上限に達した時点で補助申請の受付は終了となります。

(2)補助対象と上限金額

対象世帯 既存住宅購入 県補助上限額※2
子育て世帯 あり 60万円
なし 45万円
移住世帯 若者夫婦世帯 あり 60万円
その他の世帯 安心R住宅※1の購入あり 45万円
安心R住宅以外の既存住宅の購入あり 30万円

※1 安心R住宅
 特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度(安心R住宅制度)を利用し、安心R住宅調査報告書が 発行された住宅をいう。

※2
 国の補助額との合計額が当該補助対象工事の工事費を超えない額となります。

(3)対象世帯の要件

世帯の属性適用
子育て世帯子育て世帯とは、申請時点において、子(令和4年4月1日時点で18歳未満(平成16(2004)年4月2日以降出生)
(令和5年3月末までに工事着手を行うものについては、令和3年4月1日時点で18歳未満
(平成15(2003)年4月2日以降出生))の子)を有する世帯
移住世帯若者夫婦世帯若者夫婦世帯とは、申請時点において夫婦であり、令和4年4月1日時点でいずれかが
39歳以下(昭和57(1982)年4月2日以降出生)
(令和5年3月末までに工事着手を行うものについては、令和3年4月1日時点でいずれかが
39歳以下(昭和56(1981)年4月2日以降出生))の世帯
その他の世帯県外から県内の既存住宅を購入し、移住してきた世帯

補助対象となるリフォーム工事等

(1)補助対象リフォーム工事

本事業が対象とするリフォーム工事は、国が実施する『こどもエコすまい支援事業』等で 補助対象とする次の①~③のリフォーム工事となります。ただし、いずれのリフォーム工事に ついても工事請負契約等が結ばれない工事は対象外となります。

補助対象リフォーム工事

① こどもエコすまい支援事業

  • ア 開口部の断熱改修 ※改修は、ガラス交換、内窓設置、外窓交換及びドア交換
  • イ 外壁・天井・床等の断熱改修

② 住宅の断熱性能向上のための先進的設備導入促進事業

  • ア 窓の断熱改修

③ 断熱窓への改修促進等による家庭部門の省エネ・省CO2加速化支援事業

  • ア 窓の断熱改修

(2)補助対象工事の内容ごとの補助額

① こどもエコすまい支援事業

ア 開口部の断熱改修

省エネ性能 大きさの区分 ガラス交換※1 内窓設置※2・外窓交換 ドア交換
面積※3 1枚あたりの補助額 面積※4 1箇所あたりの補助額 面積※4 1箇所あたりの補助額
省エネ基準レベル 1.4 m²以上 9,000円 2.8 m²以上 23,000円 開戸:1.8 m²以上
引戸:3.0 m²以上
34,000円
0.8 m²以上
1.4 m²未満
6,000円 1.6 m²以上
2.8 m²未満
18,000円
0.1 m²以上
0.8 m²未満
3,000円 0.2 m²以上
1.6 m²未満
15,000円 開戸:1.0 m²以上
1.8 m²未満 引戸:1.0 m²以上
3.0 m²未満
30,000円
ZEHレベル 1.4 m²以上 12,000円 2.8 m²以上 31,000円 開戸:1.8 m²以上
引戸:3.0 m²以上
45,000円
0.8 m²以上
1.4 m²未満
9,000円 1.6 m²以上
2.8 m²未満
24,000円
0.1 m²以上
0.8 m²未満
3,000円 0.2 m²以上
1.6 m²未満
20,000円 開戸:1.0 m²以上
1.8 m²未満 引戸:1.0 m²以上
3.0 m²未満
40,000円
  • ※1 ガラス交換は、箇所数ではなく、交換するガラスの枚数を乗じて算出。ドアに付くガラスのみ交換の 改修は対象外とする。
  • ※2 内窓交換を含む。
  • ※3 ガラスの寸法とする。
  • ※4 内窓若しくは外窓のサッシ枠又は開戸若しくは引戸の戸枠の枠外寸法とする。

イ 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

省エネ性能 外壁 屋根・天井
省エネ基準レベル 112,000円/戸
(56,000円/戸)※
40,000円/戸
(20,000円/戸)※
69,000円/戸
(34,000円/戸)※
ZEHレベル 151,000円/戸
(75,000円/戸)※
54,000円/戸
(27,000円/戸)※
92,000円/戸
(46,000円/戸)※
  • ※ 部分断熱の場合の補助額。「部分断熱」とは、国補助事業における部分断熱の場合の断熱使用量 以上の断熱材を使用する場合をいう。

② 住宅の断熱性能向上のための先進的設備導入促進事業 および

③ 断熱窓への改修促進等による家庭部門の省エネ・省CO2加速化支援事業

戸建住宅、低層集合住宅における補助額(ガラス交換:1枚あたり。その他:施工箇所1箇所あたり)

工種 グレード 熱貫流率
(W/m²・K)
大きさの区分
大※1 中※2 小※3・極小※4
ガラス交換 ※5 SS Uw1.1 以下 48,000円 30,000円 8,000円
S Uw1.5 以下 32,000円 21,000円 5,000円
A Uw1.9 以下 26,000円 17,000円 4,000円
内窓設置 SS Uw1.1 以下 124,000円 84,000円 53,000円
S Uw1.5 以下 84,000円 57,000円 36,000円
A Uw1.9 以下 69,000円 47,000円 30,000円
外窓交換
(カバー工法)
SS Uw1.1 以下 183,000円 136,000円 91,000円
S Uw1.5 以下 124,000円 92,000円 62,000円
A Uw1.9 以下 102,000円 76,000円 51,000円
外窓交換
(はつり工法)
SS Uw1.1 以下 183,000円 136,000円 91,000円
S Uw1.5 以下 124,000円 92,000円 62,000円
A Uw1.9 以下 102,000円 76,000円 51,000円
  • ※1 大:ガラス(一枚)の面積1.4m²以上。サッシ(一箇所)の面積2.8m²以上。
  • ※2 中:ガラス(一枚)の面積0.8m²以上1.4m²未満。サッシ(一箇所)の面積1.6m²以上2.8m²未満。
  • ※3 小:ガラス(一枚)の面積0.1m²以上0.8m²未満。サッシ(一箇所)の面積0.2m²以上1.6m²未満。
  • ※4 極小:ガラス(一枚)の面積0.1m²未満。サッシ(一箇所)の面積0.2m²未満。
  • ※5 ガラス交換は、箇所数ではなく、交換するガラスの枚数を乗じて算出。ドアに付くガラスのみを交換する改修は対象外。

中高層集合住宅における補助額(ガラス交換:1枚あたり。その他:施工箇所1箇所あたり)

工種 グレード 熱貫流率
(W/m²・K)
大きさの区分
大※1 中※2 小※3・極小※4
ガラス交換 ※5 SS Uw1.1 以下 48,000円 30,000円 8,000円
S Uw1.5 以下 32,000円 21,000円 5,000円
A Uw1.9 以下 26,000円 17,000円 4,000円
内窓設置 SS Uw1.1 以下 124,000円 84,000円 53,000円
S Uw1.5 以下 84,000円 57,000円 36,000円
A Uw1.9 以下 69,000円 47,000円 30,000円
外窓交換
(カバー工法)
SS Uw1.1 以下 221,000円 151,000円 93,000円
S Uw1.5 以下 150,000円 102,000円 63,000円
A Uw1.9 以下 123,000円 84,000円 52,000円
B Uw2.3 以下 89,000円 61,000円 38,000円
外窓交換
(はつり工法)
SS Uw1.1 以下 221,000円 151,000円 93,000円
S Uw1.5 以下 150,000円 102,000円 63,000円
A Uw1.9 以下 123,000円 84,000円 52,000円
  • ※1 大:ガラス(一枚)の面積1.4m²以上。サッシ(一箇所)の面積2.8m²以上。
  • ※2 中:ガラス(一枚)の面積0.8m²以上1.4m²未満。サッシ(一箇所)の面積1.6m²以上2.8m²未満。
  • ※3 小:ガラス(一枚)の面積0.1m²以上0.8m²未満。サッシ(一箇所)の面積0.2m²以上1.6m²未満。
  • ※4 極小:ガラス(一枚)の面積0.1m²未満。サッシ(一箇所)の面積0.2m²未満。
  • ※5 ガラス交換は、箇所数ではなく、交換するガラスの枚数を乗じて算出。ドアに付くガラスのみを交換する改修は対象外。

(3)リフォーム工事等の契約

次に掲げる条件に該当するものが対象となります。
ただし、別途定める期間内に補助金交付申請が可能なものに限ります。

リフォーム工事等の契約

① リフォーム工事(既存住宅の購入を伴わない)

令和5年2月28日以降に工事請負契約を締結し、工事に着手したものに限る。

② 既存住宅(安心R住宅を含む)の購入

  • ア 売買契約額が 100 万円(税込)以上であること。
  • イ 令和5年2月28日以降に売買契約を締結したものに限る。
  • ウ 若者夫婦世帯及びその他の世帯については、県外に居住されている世帯が県内に居住するために既存住宅を購入した場合に限る。

③ 既存住宅の購入とリフォーム工事の実施時期

自ら居住することを目的に住宅を購入する場合は、売買契約締結から3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結する場合に限る。

④ 子育て世帯のリフォーム

自ら居住している住宅でリフォーム工事を行う場合に限る。

申請等

(1)申請期間

令和5年5月31日~令和6年2月29日まで
※郵送:令和6年2月29日消印有効 ※電子:令和6年2月29日23時59分まで有効

  • ※予算上限に達した時点で受付は終了になります。なお、予算上限に達する見込みの際は抽選となります。
  • ※事務局への申請に当たっては、国の補助事業の交付決定が条件になります。

(2)申請方法

郵送 または 電子による

電子による申請はこちら

補助事業の申請期間

(3)申請書類

「申請用紙ダウンロード」ページより申請書を印刷し、「必要書類」ページを参考に書類をご準備ください。

申請用紙ダウンロードはこちら

必要書類ページはこちら

(4)提出先

送り先:子育て世帯・移住世帯住宅省エネ化支援事業事務局
〒330-8516
さいたま市浦和区仲町3丁目12番10号(埼玉県住宅供給公社内)

要綱 – 子育て世帯・移住世帯住宅省エネ化支援事業

埼玉県子育て世帯・移住世帯住宅省エネ化支援事業補助金交付要綱PDF

関連サイト

こどもエコすまい支援事業https://kodomo-ecosumai.mlit.go.jp/
先進的窓リノベ事業https://window-renovation.env.go.jp/

このページのTOPへ